DVDやBDのダビングについて

最近DVDやBDにダビングしない人が増えてきていると言われています。
今までのブルーレイレコーダーに比べてハードディスクの容量が進んでいるのが要因です。

今のブルーレイレコーダーを購入する理由についても故障したからという理由以外にハードディスクの容量やチューナー数が多いタイプを買う人が増えてきています。

実際にBS/CSノ衛星放送を見る人が増えていて、地上デジタル放送だけを見ていないのが現状です。
その為に、録画時間が従来のブルーレイレコーダーでは追いつかないのが現状です。

ハードディスクの容量が大容量になれば、DVDやBDへのダビングする必要性が無くなり、DVDやBDを買う人が減り続けています。

そんな時代背景の中で、ブルーレイレコーダーを未だに従来のハードディスク容量が320GBクラスのタイプを使用していると録画時間が足りなくなってしまいます。
しかしながら、ハードディスク容量の大きい今のモデルを買い替えたいが悩み中という人も少なくないでしょう。

【ダビングするのが、面倒な場合はどうしたら良いか?】

買い替えるというのは、それはそれで良いかと思います。買い替え以外でどうしたら良いか?
テレビへの直接USBケーブルを使い、外付けのハードディスクを取り付ける。
外付けのハードディスクであれば、ブルーレイレコーダーに比べて価格も安く抑えられます。
今は、サイズも薄型で小型なハードディスクが発売されていて場所も取りません。
USBケーブルを接続できないタイプのテレビの場合は、録画する番組を見直します。
衛星放送なら同じ番組が実は繰り返し放送されているケースが多い為に無理して録画しなくてもリアルタイムで見れば良いと思います。
DVDやBDも、2層タイプや3層タイプの繰り返し録画可能なディスクが出ています。
海外ドラマや長編映画には最適です。

【今後のテレビ録画についてどう考えますか?】

ダビングするという作業自体やらなくなると思います。ダビングしないからディスクを買わなくなります。ディスクを買わないから節約にもなります。
国内メーカーでブルーレイレコーダーを買ってしまえばなかなか故障はありません。
ハードディスクが大容量であると同時にハードディスクの増設も可能になります。
録画も録画時間を気にしなくなり、便利になります。しかし、なんでもかんでも録画しないように注意しましょう。
ダビングしないだけでもかなり扱いが楽になると思います。
永久保存版にしたいからダビングする訳で、録画時間が足りなくなったからダビングする人はいなくなります。
ブルーレイレコーダーの価格は、上がったり下がったりしていますが、部品の生産の関係で値上がりする可能性もあると聞いた事があります。
チラシやインターネットで価格を見ておくと良いと思います。
トレンド雑誌から情報を得たりするのも良いでしょう。

最後に
新しいブルーレイレコーダーが発売されて、一つ前のモデルが安く売られます。
きっと一つ前のモデルでも従来のブルーレイレコーダーに比べても使い勝手は良いと思います。
買い替えするタイミングには、年2回のモデルチェンジの時期がオススメだと思います。
春モデル、秋モデルとブルーレイレコーダーも新商品に陳列が変わります。
型落ち狙いでブルーレイレコーダーの買い替えをオススメしたいと思います。人妻出会い系サイト:成功確率97%の秘策